銀行カードローン リボルビング返済

リボルビング返済について|銀行カードローンGCラボ01

キャッシングの返済方法には様々なものがあるのですが、ここ最近ではリボルビング返済法が多く用いられるようになってきています。
リボルビング返済法とは、元金と利息を合計し、その合計額に応じて返済金額が決まるという返済法です。

 

そのメリットの一つが、返済金額がわかりやすいことです。
リボルビング返済法の返済金額は借り入れている残高によって決定されます。
ですから、残高を把握しておけば返済金額が分かるのです。
返済金額がすぐに分かりますから、返済が遅れてしまうということを防ぐことができるでしょう。
キャッシングでは完済する前に、残った借入枠を利用して再び借り入れると言うこともあります。

 

このようなときには、二つのローンを組むことになるわけですから、返済金額が複雑になることもあるでしょう。
しかし、リボルビング返済法であれば何度借入をしても、残高さえ分かれば良いわけです。
ですから、キャッシングには向いている返済法だと言えるでしょう。
便利なリボルビング返済法なのですが、利息がどれくらいかかっているのかわかりにくくなるというデメリットがあります。
キャッシングで借りたときには、当然利息を支払わなければならないのですが、分からないうちに非常に多くの利息を支払ってしまっていると言うこともありえるでしょう。
このようなデメリットもありますから、キャッシングを利用した場合にはできるだけ早く、確実に返済するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る