主婦 キャッシング

銀行カードローン

銀行カードローンは消費者金融と何が違うのでしょうか。
決定的に違う点は法律です。
銀行カードローンは銀行のパーソナルローンですから、銀行法に基いて営業をしています。

 

一方消費者金融は貸金業法に基いて営業をしています。
貸金業法は2010年に改正され、総量規制が新たに設けられました。
総量規制とは、消費者金融をはじめとするキャッシング業界の過剰貸付けを抑制する目的で施行された法律です。
具体的に言うと、年収の三分の一以上の借り入れが原則できなくなりました。
消費者金融でお金を借りようとすると、年収の三分の一以下の借り入れでなければならないのです。
しかし銀行法では総量規制は関係ありませんから、現在でも年収の三分の一以上の借り入れが可能となっています。

銀行カードローン

さらに貸金業法では配偶者貸付け(専業主婦)に関しても規制が入っています。
しかし銀行法は総量規制と同様規制はありませんので、銀行カードローンは仕事を持たない専業主婦の借り入れもできるのです。
加えて金利面でも銀行カードローンの方が優れています。
消費者金融の平均最高金利は約18%に対して、銀行カードローンの最高金利は15%前後の設定になっています。
銀行の強みを生かした金利設定となっており、低い金利でお金借りたい人に好まれています。

 

逆に銀行カードローンのデメリットはどんなところでしょうか。
銀行カードローンは消費者金融と違い、融資までの時間が長くかかる傾向にあります。
消費者金融は即日融資が当たり前のスピード対応が自慢です。
銀行カードローンは融資までに1〜2日ほど、長いと1週間かかってしまうケースもあります。
最近は即日融資対応してくれるところも増えてきていはいますが、スピードでいうと消費者金融よりも劣っている印象を拭えません。
一刻も早く現金を手に入れたいという場合は、銀行カードローンよりも消費者金融に申し込む方が確実です。
銀行カードローンのメリット・デメリットを把握して申し込むことをお勧めします。

〜 キャッシングってなに? 〜普段何気なく使っているクレジットカード、その機能の全てを知っている人はあまり少ないです。
クレジットカードには、お買い物による支払いをカード会社に立替えてもらい、翌月に一括で支払う機能があります。しかし、一括払いができない人もいます。
そうした人にはリボルビング払いという機能があります。この機能は、購入する代金を翌月以降に一定の金額を払うという、分割払いに似た機能です。
この機能により、どんな高価な物でも、貯金以上の物でも、カード限度額未満なら買うことができます。
しかし、支払いが伸び続けると利息を多く支払わなければなりません。
また、この機能を使い続けると、支払い残高が一向に減らない状況にもなります。もう一つクレジットカードの機能があります。
それがキャッシングです。キャッシングとはクレジットカードのキャッシング枠から現金を借りる事です。
クレジットやリボルビングはお買い物代金の支払いに使いますが、キャッシングは現金を持って置きたい時に使います。
借りた現金の支払いは、カード会社によって変わりますが翌月までには返しておきたいです。
もちろん利息が付きます。また、キャッシングによる支払いにもリボルビング払いができます。
これも先ほど述べたように、支払いが伸びると利息が増え続けるし、使い過ぎると支払い残高が一向に減らないような状況になります。
どの機能を利用するにも、自分の給料以上の買い物には注意したいです。

キャッシング関連サイト

お金借りたい
⇒お金借りたいOKラボ07|急な出費に!キャッシング人気ランキング(http://www.fao-ectad-tunis.org/)
急いでお金を借りるならどこがおすすめ?比較しやすいキャッシングのランキングサイトです。

 

30万円借りたい
⇒30万円借りたいSKラボ18|急な出費に対応できる借入ランキング(http://www.transportationchoice.org/)
30万円借りたいならここ!一番好条件で借りられる借入先がわかります。

 


このページの先頭へ戻る